ホーム > 診療科の案内 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療科の特色

耳鼻咽喉科は耳、鼻、咽喉の他耳下腺、顎下腺、甲状腺、頸部腫瘍など広い範囲の疾患を取り扱っています。当院では2名の日本耳鼻咽喉科学会認定の専門医が診療を担当しています。

ページの先頭へ

診療方針

慢性副鼻腔炎に対して内視鏡を使うことにより患者さんの負担が少ない方法を考慮しています。また患者さんにわかりやすい説明を心がけています。

ページの先頭へ

得意とする診療

慢性副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症、急性扁桃炎、慢性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、突発性難聴、顔面神経麻痺、声帯ポリープ、唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍など

ページの先頭へ

こんな症状取り扱います

  • 症状:くしゃみ、鼻汁、鼻閉 など
  • 疾患:アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症、肥厚性鼻炎、副鼻腔のう胞、副鼻腔腫瘍、鼻骨骨折、眼窩吹き抜け骨折 など
アレルギー性鼻炎

治療法としては薬物治療、減感作療法などがありますが、重症度や生活習慣などを考慮し治療法を選択しています。減感作療法はスギ、ハウスダストのアレルギー性鼻炎に行っています。鼻中隔弯曲症を合併し鼻閉が強い場合には手術療法も行います。

慢性副鼻腔炎

以前は蓄膿症といわれていました。軽症であれば内服治療を行います。難治例、重症例には内視鏡を使って鼻から手術を行いますので、以前のように口の中を切って行うことはほとんどありません。また副鼻腔のう胞や眼窩吹き抜け骨折の手術の際にも内視鏡が活用されています。

  • 症状: 難聴、耳痛、耳漏、めまい、耳鳴、耳閉感(耳がつまった感じや音がこもって聞こえる)、顔面神経麻痺 など
  • 疾患: 突発性難聴、顔面神経麻痺、ハント症候群、メニエール病、めまい症、外リンパろう、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳漏孔、補聴器相談 など
突発性難聴

ある日突然耳が聞こえなくなる病気で、原因ははっきりしていません。当院ではステロイドパルス療法を中心に循環改善薬やビタミン剤を併用し治療を行っています。

滲出性中耳炎

特に小児には保存的治療を行いつつ難治例には鼓膜換気チューブ留置術を行っています。

※補聴器相談を行っています。患者様の生活環境や難聴の程度に合わせて適したものをすすめています。

のど、口

  • 症状: 痛み、腫れ、声がれ、いびき、嚥下障害 など
  • 疾患: 咽頭炎、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、声帯ポリープ、扁桃肥大、アデノイド肥大、咽頭および喉頭の腫瘍、咽頭異物、反回神経麻痺 など

急性扁桃炎などの上記道の炎症で経口摂取が困難な場合は入院し点滴治療を行います。また  急性扁桃炎を反復するような場合には入院し扁桃摘出術を行っています。
声がかすれてしまうときは声帯ポリープのような良性疾患だけでなく喉頭癌のような悪性疾患である可能性もありますので、積極的に生検術を行い早期診断に努めています。

頸部

  • 症状: くびのしこり、腫れ、痛み
  • 疾患: 頸部リンパ節炎、唾石症、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状腺腫瘍、側頚のう胞 など

頸部のしこりは超音波、CT、MRIなどの画像診断のほかに穿刺細胞診を行い総合的に判断しています。おもに甲状腺、耳下腺、顎下腺の良性腫瘍の手術を行っています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。