ホーム > 診療科の案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

診療科の特色

 当科では自然気胸や肺悪性腫瘍(原発性肺がん、転移性肺腫瘍)、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜腫瘍、膿胸等に対する外科治療を主に担当しています。手術は低侵襲を目指して積極的に完全胸腔鏡下で行っております。画像診断にも力を入れており、診断がついていない胸部異常陰影のみの段階での近隣医療機関からのご紹介も多数いただいております。呼吸器内科と連携をとって必要に応じて気管支鏡等の予定を組み、手術適応を判断させていただいております。

ページの先頭へ

診療方針

 手術は積極的に完全胸腔鏡下で行っており、手術創が小さく、その数も少なくできるということは、術後の痛み等様々な点で患者さんにとって大きな利点となります。ですがそれ以上に重要なことは患者さんの安全性と治療の確実性であり、症例に応じて従来の標準開胸手術も行っております。いずれの場合も患者さんの安全を最優先に考えて手術適応を判断し、皆さんに納得していただけるよう十分な説明をさせていただきます。また、手術のみにこだわることなく個々の患者さんにとって最善の治療を提供できるよう、呼吸器内科をはじめとする他診療科や看護スタッフとの連携をこころがけております。 原発性肺がんに対する治療の3本柱は手術・薬物治療・放射線治療です。残念ながら当院には設備がないため放射線治療が必要とされる際には適切な他施設に紹介させていただくことになりますが、呼吸器内科との連携を密に取ることによって日々進歩している薬物治療も積極的に行っていただいております。

ページの先頭へ

得意とする診療

  • 原発性肺がん・転移性肺腫瘍に対する胸腔鏡手術
  • 自然気胸に対する胸腔鏡手術

ページの先頭へ

こんな症状取り扱います

  • 咳・痰・胸痛・高熱(胸膜炎、膿胸)
  • 胸痛・背部痛・肩部痛・呼吸困難感(自然気胸)
  • 血痰・かすれ声・肩部痛・呼吸困難感(肺がん)
  • 検診胸部異常陰影(肺がん、良性肺腫瘍、縦隔腫瘍)

ページの先頭へ

患者さまへ

 日本人の死因第1位はがんであり、中でも死亡率が最も高いのが肺がんです。年間7万人が肺がんで亡くなっています。その肺がんの確定的な原因の代表がタバコです。タバコだけが肺がんの原因というわけではありませんが、肺がん予防・治療において最も重要なことの1つが禁煙です。本来は既にタバコは吸っていないことが望ましいのですが、当科初診時に加熱式タバコ・電子タバコも含めてまだタバコを吸っている方には厳しく禁煙指導をさせていただいております。喫煙は肺がんをはじめとする悪性腫瘍の原因となるだけでなく、呼吸器・循環器疾患など多くの疾患の原因となり、さらには治療適応や治療経過にも悪影響を及ぼします。術後合併症や死亡率は喫煙者の方が有意に高く、禁煙せずに手術を行うことはありえません。手術以外の薬物治療においても同様であり、手術の有無を問わず、初診時に喫煙者への禁煙指導を徹底させていただいております。そしてもう1つ重要なことに早期発見があります。早期肺がんは無症状であることが多く、進行肺がんとなると手術単独では太刀打ちできなくなります。早期発見にはやはり検診が有用です。検診で胸部異常陰影を指摘されたら当科を受診してください。

ページの先頭へ

診療実績

 当科で担当する疾患の多くを占めるのが肺がんと自然気胸です。肺がん手術では胸腔鏡下(75%)と開胸(25%)の両者を行っており、自然気胸手術は全例胸腔鏡下で行っております。術後平均在院日数は肺がんで7日、自然気胸で2日となっています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。