ホーム > 診療科の案内 > 糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

診療科の紹介

当院では従来、内科系診療科全体で糖尿病診療を行ってまいりましたが、糖尿病あるいは脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、甲状腺・脳下垂体・副腎・副甲状腺などの代謝・内分泌疾患の診療をより充実させるべく、平成22年度より糖尿病・内分泌内科を新設いたしました。
糖尿病は長期にわたり良好な血糖コントロールをめざし、合併症の予防と進展抑止を行う必要があることから、当科は眼科・腎臓内科・神経内科・循環器内科などと十分に連携をとり全身に十分目を配って診療にあたっております。また、外科手術や感染症時にも該当科と連携をとっております。
外来では、糖尿病療養生活に関する様々な知識の提供、生活習慣改善提案、フットケア、自己血糖測定導入指導、インスリンやGLP-1などの自己注射薬導入指導、食事指導など糖尿病療養指導士、管理栄養士などの専門スタッフによる患者さんへの時間をかけた積極的な関わりに重点をおいています。また、インスリン分泌能や合併症の評価、それらに基づく治療法の決定、糖尿病に関する様々な知識の習得、食事・運動療法・自己血糖測定の体験・療養指導士による管理などを集中的に行う教育入院も必要に応じて行える体制をとっており、近隣の先生方からのご要望に対応できます。
この他に脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、甲状腺・脳下垂体・副腎・副甲状腺などの代謝・内分泌疾患の診療にあたっております。

ページの先頭へ

患者さまへ

糖尿病は長くつきあってゆく病気であり、上手につきあう事が可能です。ですから私たち糖尿病・内分泌内科の全スタッフは、皆さん一人一人の伴走者でありたいと考えています。時に励まし、時には厳しいことを言うかもしれません。でもあなたが糖尿病に少し疲れて休みたくなった時も、私たちはそばであなたを見守っています。そしてまた歩き始める元気が出てきたら・・・さあ一歩一歩前へ進みましょう。

ページの先頭へ

「糖尿病お散歩マップ」のご紹介

近年、生活習慣病予防や糖尿病治療、健康増進、転倒予防などにおいて有酸素運動であるウォーキングが薦められています。しかし実際に行おうとすると目安となるのが「時間」のみであり、「距離」がわからなくなってしまいます。そこで当院の患者様に「時間」と「距離」を感じながらウォーキングを行って頂くために、時間を基準にコースを作成し、歩行距離がわかるようにしました。
尚、距離に関しましてはウォーキングに近い少し早い速度での計算となっています。年齢、性別、運動習慣などにより皆さんの歩く速さは個人差がありますので短い時間の20分コースから実施し、ご自身の歩く速さや疲労などを確認してから次に長いコースを行っていただけるといいと思われます。

コース内にはお寺や景色を楽しめるように設定を行いましたので楽しんで行ってみてください。

全マップダウンロード

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。