ホーム > 病院案内 > 専門研修

専門研修

新専門医制度

 従来の専門医制度は、内科専門医ならば内科学会、外科専門医ならば外科学会のように各学会が独自で運用する認定プログラムを修了することで専門医資格を取得することができました。そのため、領域間の統一性が不十分で、専門医の質が一定ではないという問題がありました。
 新専門医制度では「専門医の質を高め、良質な医療が提供されること」を目的とされております。第三者機関である「日本専門医機構」によって、それまで各学会によってばらばらであった専門医資格の認定基準が統一されることになりました。
 当院では多くの領域が大学病院などの専門研修連携施設として認定されておりますが、内科領域においては当院が基幹施設として専門研修プログラムを持ち、内科専攻医の育成を行っています。

内科専門研修プログラム

1 基本理念

  1.  本プログラムは、東京都区南部保健医療圏の急性期病院である大森赤十字病院を基幹施設として、東京都区南部および近隣保健医療圏にある連携施設とで内科専門研修を経て、東京都、神奈川県を中心とした医療事情を理解し、地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように教育され、基本的臨床能力獲得後は必要に応じた適応力のある内科専門医として首都圏を支える内科専門医の育成を行います。
  2.  初期臨床研修を修了した内科専攻医は、本プログラム専門研修施設群での3年間(基幹施設2年間+連携施設1年間)に豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて、標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技能とを修得します。
     内科領域全般の診療能力とは、臓器別の内科系Subspecialty分野の専門医にも共通して求められる基礎的な診療能力です。また、知識や技能に偏らずに、患者に人間性をもって接すると同時に、医師としてのプロフェッショナリズムとリサーチマインドの素養をも修得して、適応力が高く様々な環境下で全人的な内科医療を実践する先導者の持つ能力です。内科の専門研修では、幅広い疾患群を順次経験していくことによって、内科の基礎的診療を繰り返して学ぶとともに、疾患や病態に特異的な診療技術や患者の抱える多様な背景に配慮する経験が加わることに特徴があります。そして、これらの経験を単に記録するのではなく、病歴要約として科学的根拠や自己省察を含めて記載し、複数の指導医による指導を受けることによってリサーチマインドを備えつつも全人的医療を実践する能力を修得することを可能とします。

内科専門研修プログラム

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。