ホーム > 外来案内 > 各種検査紹介

各種検査紹介

検査のご案内

採血室

自動採血・採尿受付機 採血室の様子 
自動採血・採尿受付機 採血室の様子

    自動採血・採尿受付機が導入され、受付番号が発行されます。番号でお呼びして、受付番号を照合し患者さま、ご自身に名前を名乗って頂いて、同時に採血管の名前を確認している為、人違いの防止と、番号でお呼びするのでプライバシーも尊重されています。

血液検査

自動血球算定装置
自動血球算定装置

血液中の赤血球、白血球、血小板の数や、血液を凝固させるための因子を測定して、炎症、貧血、出血傾向の程度を検査します。

  • 血算

    赤血球数 白血球数 血小板数 ヘモグロビン量

  • 血液像

    血球形態 白血球分画

  • 凝固因子

    PT APTT フィブリノーゲン AT-3 FDP D-ダイマー

生化学検査

生化学自動分析装置
生化学自動分析装置

血液の血清成分に含まれる蛋白、糖、電解質、脂質、酵素などを測定することにより、疾患や臓器の機能を推測する検査です。

  • 肝機能

    AST ALT γ-GPT LDH LAP ALP ChE ビリルビン

  • 腎機能

    BUN クレアチニン Na K Cl 尿酸

  • 心機能

    AST LDH CK CK-MB

  • 糖尿病

    血糖 ヘモグロビンA1c

  • 高脂血症

    総コレステロール 中性脂肪 HDLコレステロール LDLコレステロール

血清検査

免疫化学発光測定装置 免疫化学発光測定装置
免疫化学発光測定装置 全自動蛍光免疫測定装置

血液の血清中の抗原や抗体を測定することにより、感染症の有無や腫瘍マーカーの検査を行います。

  • 感染症

    B型肝炎ウイルス C型肝炎ウイルス HIVウイルス 梅毒 マイコプラズマ PCT

  • 腫瘍マーカー

    AFP CA19-9 CEA

  • 心筋マーカー

    BNP トロポニンI

  • 薬剤血中濃度

    テオフィリン

輸血検査

輸血・血液型分析装置
輸血・血液型分析装置

血液型検査や、血液製剤を輸血する際に必要な検査を、自動分析機を用いて行います。また血液製剤の保管管理も行っています。

  • 血液型

    ABO式血液型 Rh式血液型

  • 輸血適合試験

    供血者と受血者の血液が適合しているか検査します。

  • 不規則抗体検査

    輸血副作用を起こすような血液抗体があるか検査します。

一般検査

尿定性分析装置
尿定性分析装置

採取された尿、便、脳脊髄液、精液などについて、検査を行います。

  • 尿検査

    尿中蛋白、糖、潜血、顕微鏡検査

  • 便

    潜血 寄生虫

  • 脳脊髄液

    細胞数、細菌の有無、(髄膜炎等に診断に有用)

  • 精液

    精子数、運動率、奇形率

血液ガス検査

血液ガス分析装置
血液ガス分析装置

血液中に含まれる酸素や二酸化炭素の量、pH などを測定する検査です。

細菌・ウイルス抗原検査

咽頭・鼻腔擦過、尿、便などからウイルスや細菌の抗原を検出し、感染の有無を検査します。

  • 咽頭・鼻腔

    インフルエンザウイルス アデノウイルス RSウイルス A群β溶連菌

  • 尿

    肺炎球菌 レジオネラ

  • 便

    ロタウイルス ノロウイルス

  • 血液

    PCT

緊急検査

    休日、時間外にも、血液、生化学、凝固、感染症、尿、インフルエンザ、輸血、血液ガスなどの検査に対応できるように、当直体制をとっています。

ページの先頭へ

病理検査

病理組織検査
組織診標本
組織診標本

内視鏡や手術によって採取された組織からプレパラート(ガラス)標本を作製し、病理専門医師が顕微鏡で観察し、病変を診断します。また、病理検査室は手術室の隣に位置し、手術中の検査にも迅速に対応しています。

細胞診検査
細胞診標本
細胞診標本

痰や尿、子宮などから細胞を採取し、プレパラート(ガラス)標本作製後、細胞検査士が顕微鏡で観察し異常な細胞があるか検査します。

  • 病理解剖

    病死された患者さんの死因の確定、治療効果の判定等を明らかにします。

  • 病理検査で分かること

    採取された組織や細胞の形態を観察し、その病変の良・悪性の診断および病因の検査を行い、最終診断を行います。

細菌検査

細菌培養
細菌培養

感染症の原因菌の検査や、治療に有効な抗生物質を選択するための、薬剤感受性検査などを行っています。

  • 細菌検査で分かること

    どのような細菌・真菌に感染しているか、また、感染症治療に有効な薬剤が分かります。

  • その他

    日常検査のほかに、院内の感染防止対策業務を行っています。

生理機能検査

生理機能検査
生理機能検査室風景

心電図検査

心電計/トレッドミル検査
心電計 トレッドミル検査
  • 心電図検査の説明

    心臓からの電気活動を体表面からとらえて記録する方法で、胸、両手首、両足首に電極を付けて記録します。検査による痛みはなく、20~30秒で終了します。筋肉の動きよる影響があるため、なるべく体の力を抜いた状態で検査します。

  • 心電図検査で分かること

    脈の乱れや、頻脈、除脈、又、その原因となる疾患も、ある程度わかります。心筋梗塞の診断にもこの検査は重要です。

  • その他

    心臓を調べる検査は他に、24時間(ホルター)心電図、トレッドミル、レートポテンシャルなども行っています。各検査とも検査時間、検査の注意事項がありますので、予約表の案内をよく読んでから検査にお越しください。

脳波検査

脳波検査
脳波検査
  • 脳波検査の説明

    脳の微小な電気的活動を導出し、器質的な異常を調べます。ベッドで安静に閉眼している状態で検査します。検査には60~80分かかります。

  • 脳波検査で分かること

    脳の電気的な異常がわかります。特にてんかんには有用です。

  • その他

    脳に関する検査は他に、ABR(聴性脳幹反応)SEP(体性感覚刺激反応)、も行っています。この部屋では、筋電図(針筋電図、神経伝導速度)の検査も行います。

呼吸機能検査

呼吸器検査の様子
呼吸器検査の様子
  • 呼吸機能検査の説明

    肺の容量や働きを調べるための検査です。マウスピースを口にくわえて呼吸をするだけの検査ですが、できるだけいっぱいに大きく息を吸ったり、勢いよく吐いたりします。

  • 呼吸機能検査で分かること

    閉塞性の換気障害(肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎など)、拘束性の換気障害(肺線維症、結核性胸膜炎、神経性呼吸筋麻痺など)混合性の換気障害などがわかります。又、検査の多くは、術前の肺機能の状態を見ます。

  • その他

    2010年5月よりDLco(肺拡散能力)の検査を実施しています。特に間質性肺炎の診断に有効です。

超音波検査

超音波検査の様子
超音波検査の様子
  • 心臓超音波検査(心エコー)

    心臓の動きや内腔の大きさ、弁の狭窄や逆流などを見つけます。検査時間は15~20分程度で、胸にプローブと呼ばれる機械を押し当てて取ります。人体への影響はなく、食事を止める必要もありません。

  • 腹部超音波検査(腹部エコー)

    肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などの空気の入ってない臓器を、超音波により、形や内部に腫瘤等がないかを調べます。消化管により見えづらいときもありますが、呼吸調節や、体動により、見える範囲で異常を探します。
    検査前5時間は絶食してください。検査時間は基本的に10~20分で終わります。又、検査による人体への影響はありません。

  • 乳腺超音波検査(乳腺エコー)

    乳房にゼリーを着けて、プローブを当て、乳腺内の腫瘤を見つけます。わきの下のリンパ節がはれているかを確認するときもあります。
    検査は10分ほどで終わります。特に痛みのある検査ではなく、人体への影響はありません。

  • 頚動脈検査(頚動脈エコー)

    脳に血液を送っている頚動脈の太さや、内膜の厚さ、血栓の有無を調べます。
    動脈硬化や、脳の血行状態がわかります。首の大きく開いた服装にてお越しください。
    検査は10分ほどで終わります。

  • その他超音波検査

    甲状腺エコー、頸部エコー、体表エコー、泌尿器エコー、下肢静脈エコー、胎児エコーなどを行っています。各検査とも、検査時間、食止めの有無などがありますので、予約表の案内をよく読んでから検査にお越しください。

*いずれの超音波検査も、日本超音波医学会認定 超音波検査士が担当しています。又、日本超音波医学会認定専門医の指導により、精度の高い検査を行っています。

超音波検査件数(平成21年)
  件数(件)
心臓 2,756
腹部精査 2,177
乳腺 1,083
甲状腺 164
頚動脈 249
乳腺穿刺 138
その他(下肢静脈等) 193

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。