ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 教育体制

教育体制

看護部では、看護職員一人一人が専門職として成長できるよう、赤十字キャリア開発ラダーに沿って、教育環境を整え、継続教育・生涯学習を支援致します。

教育の目的

  1. 病院・看護部の理念を具現化できる専門職業人として、かつ社会人として、質の高い看護実践力を持つ赤十字看護師・看護職員の育成を目指します。

教育の目標

  1. 看護の専門性を明確にし、質の向上を図ります。
  2. 専門職業人としての自覚をもち、組織および社会の中で看護を実践します。
  3. 教育体系に基づき教育環境を整え、個人の能力を開発し人材を育成します。
  4. 病院経営に参画し、効率的・効果的看護を提供します。

赤十字キャリアラダー

キャリアに応じた実践力のある看護職員を育成するために、「赤十字看護師の看護実践能力の指標」に基づいて、臨床看護技能の向上とキャリア発達に応じた能力開発を継続的に支援し、質の高い赤十字看護師を育成しています。

当院の教育と赤十字キャリアラダー

教育計画

対象者 時期 研修内容
新人前期 4月 ●看護技術研修
5月 ●赤十字研修
6月 ●【集合研修】
 ・看護必要度とNANDA看護診断
 ・急変時の看護
 ・リフレッシュ研修
7月 ●【集合研修】
 ・安全な看護実践についての基本行動
 ・看護倫理
 ・心電図、十二誘導・輸液ポンプ
8月 ●【集合研修】
 ・人工呼吸器の取り扱い
 ・麻薬の取り扱い
 ・多重課題
12月 ●【集合研修】
 ・組織論
 ・ナラティブの書き方
 ・がん化学療法の基礎
 ・褥瘡評価スケールデザインと診療報酬
2月 ●【集合研修】
 ・退院支援・調整の意義と実際
 ・糖尿病看護の基礎
 ・異動オリエンテーション
新人後期 5月 ●【集合研修】
 ・組織論
 ・糖尿病看護①
 ・標準予防病と接触感染予防策
 ・褥瘡ケアのアセスメントと予防ケア
7月 ●【集合研修】
 ・KYTトレーニング
 ・糖尿病看護②
 ・身だしなみについて
 ・ポジショニング
9月 ●【集合研修】
 ・急変時の看護
 ・他部署研修
1月 ●【集合研修】
 ・看護研究
 ・プリセプターシップ
 ・看護取りの看護
 ・研修のまとめ
3年目以上 災害看護 5月 ●赤十字救急法
●こころのケア
6月 ●赤十字救急法
7月 ●赤十字救急法
8月 ●赤十字救急法
●こころのケア
9月 ●赤十字救急法
●災害救護演習
10月 ●赤十字救急法
11月 ●赤十字救急法
●こころのケア
12月 ●赤十字救急法
1月 ●赤十字救急法
2月 ●赤十字救急法
●こころのケア
ラダーⅡ 看護教育 ●学生指導
●スタッフ教育
看護倫理 ●看護倫理抄読会
医療安全 ●コミュニケーションエラー防止策
●医療におけるヒューマンエラー
感染防止 ●血流感染予防策
褥瘡予防 ●ストマケア①~③
●体圧分散寝具とポジショニング
●脆弱な皮膚のスキンケア
災害看護 ●災害机上シミュレーション①~②
その他 ●糖尿病看護応用①~②
●栄養管理についての取り組み
ラダーⅢを目指す人 リーダーシップ ●リーダーシップ研修①~④
ラダーⅢ 看護管理 ●マネジメント研修①~⑥
●新人教育担当者研修
医療安全 ●医療安全事例分析手法①~③
災害看護 ●トリアージ①~②
看護倫理 ●倫理問題の抽出
褥瘡予防 ●褥瘡防止事例検討会
●失禁ケア
全ラダー がん看護 ●がん看護基礎①~③
●終末期患者への癒やしのマッサージ
感染管理 ●各種耐性菌対策
●職業感染対策
栄養サポート ●摂食嚥下機能評価と訓練①~②
その他 ●地域包括ケアの意義と実際
●臨床で役立つ観察の視点①~④
●看護ケアに導入できるアロマ
●クリニカルパスの記録と看護計画評価
●ラダー同僚評価者研修
●現在の不妊治療と看護
●接遇研修
●看護倫理事例分析報告会
●退院調整事例検討会
●看護研究発表会
●出張報告会
管理者 ●看護管理者コース①~⑥

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。