新人教育

新人教育の考え方

2年間で主に内科系と外科系病棟等の2つの部署を経験します。また、検査部や薬剤部といった他部署研修も含めた新人研修プログラムを組み、教育を行っています。新人教育プログラムの特徴は、①新人看護師の到達できる目標を月単位で表現、②看護技術の進行を詳細に明記、③看護技術にあわせて新人の業務内容を詳細に明記、④教育に携わるスタッフの役割と条件を提示していることです。

新人看護師到達目標

  1. 看護職員としての必要な基本姿勢と態度を身につける
  2. 看護実践における基本的技術を身につけ、管理的視点と態度を身につける

新人看護師の行動目標

行動細目標
1年目看護師 4月 ●職場への適応、専門職業人・社会人としての節度あるマナーと接遇、守秘義務を厳守し、プライバシーに配慮できる
5~6月 ●患者の生活レベルのケアを重視した看護を行うことができる
●先輩看護師とともに助言を得ながら患者さまの生活援助ができる
7~9月 ●対象のニーズに目を向けながら、患者さまの生活レベルに合わせたケアを考えることができる
●治療を受ける患者さまに必要な基礎的な診療の介助について、先輩看護師の助言を得ながら実践することができる
10月 ●必要な情報や看護上必要な判断を得るために先輩看護師に自ら援助を求めることができる
1月 ●人の生死に関わる職業であることを自覚し、1年間の研修の成果をナラティブとしてまとめることができる
2年目看護師 各診療科で、専門的な治療や検査についての診療の介助を自分で判断しながら実践することができる

ページの先頭へ

他部署研修

他部門研修は、ベッドサイド以外での患者の看護を理解するため、また病院全体の組織を理解するために行います。(他部門とは、医事課、総務課、連携室、社会課、薬剤部、検査課、放射線科、用度課、栄養課、理学療法室などです。)

ページの先頭へ

新人研修の内容


研修の様子

・インシュリン注射

・フィジカルアセスメント

・採血

・内服薬準備

ページの先頭へ

プリセプターシップ

各病棟では、プリセプター&サポーターシステムを導入し、一人一人の新人看護職員に対し、小さな疑問や不安など何でも話せる身近な存在として、3年目以上の先輩看護職員が職場適応の支援を行います。各病棟には教育担当者として、赤十字キャリア開発ラダーレベルⅢ以上の認定を受けた者が指導の総括的な役割を担っています。また、現場で感じた様々なジレンマなどの看護倫理問題について語り合う会、リフレッシュ研修を設けています。

新人看護師の声

4階病棟 看護師  2018年度卒

入職してから3か月が経ちました。入職以来、分からないことやできないことばかりで、勉強することが多い毎日を過ごしています。自分の無力さを感じる場面も多々ありますが、院内研修や先輩の手厚い指導のおかげで少しずつできることも増えてきています。病棟ではプリセプターの先輩だけではなく、先輩全員が新人のことを気にかけ、丁寧に指導してくださっています。また、同期の新人看護師と日々助け合いながら頑張っています。そして、なにより患者さんから感謝の言葉をいただいた時はとても嬉しく、もっと頑張ろうという気持ちになります。今は周りに支えられてばかりの日々ですが、これからは自分が患者さんを支えられるように頑張っていきたいです。

7階病棟 看護師 2018年度卒

新人看護師として研修を受けそれを実践しながら学んでいます。集合研修では、基礎看護技術や医療安全についてなどを根拠に基づいて学び、専門職としてより安全に看護を提供するために注意することなどを学びました。  病棟では、経験のない看護技術は先輩と手技を確認しながら実施し、直後に振り返りをすることで改善点を知り、安全で確実な手技を習得できるように指導をいただいています。また、独り立ちするまでは毎日先輩と一日の振り返りをする時間があります。根拠に基づくアセスメントの必要性や業務の仕方について助言をいただけるため、どのようなことを勉強し習得していく必要があるのかがわかり、日々自分が成長できることを感じられる教育体制だと思います。

ICU 看護師 2017年度卒

私は1年目で外科を経験したので、内科系病棟へ異動になる予定でしたが、働いているうちに「もっと急性期の勉強をしたい」と考えるようになりICUへ希望を出しました。初めてみる疾患や医療機器ばかりで分からないことも沢山ありますが、先輩方が毎回丁寧に指導してくださり自分のペースに合わせて進めてくれるので、日々勉強しながら成長することができています。ICUでは重症な患者さんが入室してきますが、受け持ち人数が一般病棟より少ないため1人の患者さんとじっくりと関わることができ、その分疾患の理解も深まりやすいです。 まだ未熟な部分が多くありますが、先輩方のような知識と判断力を持った看護師になれるよう頑張っていきます。

ページの先頭へ

プリセプターの声

3階病棟 助産師 2015年度卒

看護大学を卒業してから1年間助産師学校に通い、助産師の資格を取りました。助産師になったきかっけは、実習でお産に立ち会い、「出産ってすごいな、女性って強くてすごいな」と感じ、お産のお手伝いをしたいと感じたからです。気付けば助産師4年目を迎えました。昨年度はプリセプタ―という仕事を任せて頂き、新人さんとの関わりの中で共に成長し、自身のステップアップに繋がったと感じています。4年目になり、2回目のプリセプタ―をやらせて頂きながら、看護学生の母性看護学実習の指導者も任せて頂きました。新人さんとは違った指導に悩み迷う時もありましたが、その都度経験豊富な諸先輩方にアドバイス頂き、学生指導にもやりがいを感じ楽しく行うことが出来ました。助産師として出来ることが増え日々やりがいを感じながら仕事が出来ており、職場の環境やスタッフに感謝し、更なるキャリアアップを目指して日々精進していきたいと思っています。

6階西病棟 看護師  2016年度卒

後輩を指導するのは初めてで、どのように伝えたら理解してもらえるか考えながら日々一緒に働いています。自分が新人の時は失敗も多く落ち込むこともありましたが、毎日先輩にフォローしていただき、分からないことは相談し、少しずつ一人でできることが増え、今こうして看護師を続けることが出来ているのだと思います。 看護師3年目となり、後輩を指導する立場になりました。自分が新人の時に先輩からフォローしていただいたように、プリセプティが困っているときはフォローし、分からないことは一緒に勉強し、できていることはしっかり褒めて伝えるようにしています。また、 いろんなことを相談しやすい雰囲気を作ってくれた先輩方のように、自分もプリセプティが困ったり、悩んだ時は、気軽に相談してもらいながらプリセプティの成長を見守っています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。