新人教育

新人教育の考え方

新人期間を2年間ととらえて、2年間で主に内科系と外科系病棟等の2つの部署を経験します。また、検査部や薬剤部といった他部署研修も含めた新人研修プログラムを組み、教育を行っています。新人教育プログラムの特徴は、①新人看護師の到達できる目標を月単位で表現、②看護技術の進行を詳細に明記、③看護技術にあわせて新人の業務内容を詳細に明記、④教育に携わるスタッフの役割と条件を提示していることです。

新人看護師到達目標

  1. 看護職員としての必要な基本姿勢と態度を身につける
  2. 看護実践における基本的技術を身につけ、管理的視点と態度を身につける

新人看護師の行動目標

行動細目標
新人前期(1年目) 4月 ●職場への適応、専門職業人・社会人としての節度あるマナーと接遇、守秘義務を厳守し、プライバシーに配慮できる
5~6月 ●患者の生活レベルのケアを重視した看護を行うことができる
●先輩看護師とともに助言を得ながら患者さまの生活援助ができる
7~9月 ●対象のニーズに目を向けながら、患者さまの生活レベルに合わせたケアを考えることができる
●治療を受ける患者さまに必要な基礎的な診療の介助について、先輩看護師の助言を得ながら実践することができる
10月 ●必要な情報や看護上必要な判断を得るために先輩看護師に自ら援助を求めることができる
1月 ●人の生死に関わる職業であることを自覚し、1年間の研修の成果をナラティブとしてまとめることができる
新人後期(2年目) 各診療科で、専門的な治療や検査についての診療の介助を自分で判断しながら実践することができる

他部署研修

他部門研修は、ベッドサイド以外での患者の看護を理解するため、また病院全体の組織を理解するために行います。(他部門とは、医事課、総務課、連携室、社会課、薬剤部、検査課、放射線科、用度課、栄養課、理学療法室などです。)

新人研修の流れ

≪新人前期≫

時期 集合研修 他
4月 入職時研修(多職種合同)

【看護技術研修】
・ボディメカニクス
・食事介助、口腔ケア
・与薬(内服、点滴、注射)
・採血
・血糖測定
・酸素、吸入療法、心電図モニター、十二誘導
・吸引
5月 【赤十字イベント】
【赤十字研修】
・赤十字概論
・災害看護論
・救急法基礎講習
6月 【集合研修】
・急変時の看護
・看護必要度
・リフレッシュ研修
7月 疾患の理解・看護展開のためのケース発表
*患者の全体像を把握する

【集合研修】
・医療安全
・看護倫理
・心電図・十二誘導・輸液ポンプ
8月 【集合研修】
・人工呼吸器日管理
・麻薬の取り扱い
・多重課題
9月 【他部署研修開始】
<外科系病棟>
・救急外来
・手術室
<内科系病棟>
・心カテ室
・ICU
・内視鏡室
10月 各部署で基礎的看護技術を習得します

先輩看護師のサポート受けながら成長をしていきます
11月 疾患の理解・看護展開のためのケース発表
*入院時計画立案~評価
12月 【集合研修】
・組織論
・ナラティブレポートについて
・がん化学療法の基礎
・褥瘡評価スケール
1月 【ナラティブレポート】
2月 【集合研修】
・退院支援
・糖尿病看護①
3月 【新人後期部署に異動】

≪新人後期≫

時期 集合研修 他
3月 【異動】(内科系病棟→外科系病棟)
(外科系病棟→内科系病棟)
4月 各部署で専門的知識についての学びを深めます
5月 各部署で先輩が責任を持ってフォローをしています

【集合研修】
・組織論
・糖尿病看護①
・標準予防策と接触感染予防策
・褥瘡ケアのアセスメントと予防ケア
6月 疾患の理解・看護展開のためのケース発表
他部署研修開始
<外科系病棟>
・救急外来
・手術室
<内科系病棟>
・心カテ室
・ICU
・内視鏡室
7月 【集合研修】
・危険予知トレーニング
・ポジショニング
・糖尿病看護②
9月 【集合研修】
・急変時の看護
11月 【集合研修】
・医療安全
・急変時の対応②
1月 【集合研修】
・看取りの看護
・看護研究について
・プリセプターシップについて
・新人研修のまとめ

プリセプターシップ

各病棟では、プリセプター&サポーターシステムを導入し、一人一人の新人看護職員に対し、小さな疑問や不安など何でも話せる身近な存在として、3年目以上の先輩看護職員が職場適応の支援を行います。各病棟には教育担当者として、赤十字キャリア開発ラダーレベルⅢ以上の認定を受けた者が指導の総括的な役割を担っています。また、現場で感じた様々なジレンマなどの看護倫理問題について語り合う会、リフレッシュ研修を設けています。

新人看護師の声

新人前期 4階病棟 日本赤十字看護大学 H24年卒業 H24年入社 門脇 楓

毎日の業務についていくことで精一杯の日々も2ヶ月が経ち、少しずつではありますが勤務にも慣れてきました。何も出来ない自分に情けなさや焦りを感じることも多い毎日ですが、先輩方がいつも温かく、新人の小さな不安や悩みに対し真剣に耳を傾けてくれるおかげで、私は日々頑張ることができています。また患者さんは、知識も技術も未熟な新人の私を一人の看護師として優しく受け入れ、人生の先輩として多くのアドバイスをして下さいます。そんな患者さんの笑顔や言葉に私が逆に励まされ、元気をもらっています。今後も日々勉強と経験を積み重ね、患者さんの思いに寄り添えるような看護師を目指し頑張っていきたいと思います。



新人前期 5階東 東京医療保健大学 医療保健学部看護学科 H24年卒業 H24年入社 田中 敦子

4月に入職しました。看護業務を覚えたり、疾患や治療について自己学習することも多くめまぐるしい日々を過ごしています。学生の頃とは違い、看護師としての責任の重さを強く感じますが、その分自分自身の知識を増やしながらやりがいも感じています。初めて行うケアなどは一から先輩が丁寧に教えてくださいます。分からないこと、不安なこともすぐに先輩に相談できる環境です。落ち込んだり、大変なこともありますが、先輩にアドバイスをいただいたり、同期の仲間と励まし合うことで元気をもらって頑張っています。また、なによりも患者さんやそのご家族の笑顔や「ありがとう」という言葉で、“もっと良い看護がしたい”という思いになり日々の活力になっています。これからも患者さんとの関わりを大切にし、個々の患者さんに合った看護を実践していけるよう頑張っていきたいです。



新人後期 内科系病棟

7階病棟 日本赤十字看護大学 H23年卒業 H23年入社 宮原百合香

7階病棟は、腎臓内科、呼吸器内科、血液内科のある病棟です。二年目となり外科から内科へ移動し、新人後期として勤務しています。外科と内科では病棟の雰囲気も異なり、外科は手術をして回復に向けて治療を進め、それに伴った看護を提供してきました。内科病棟では慢性的な疾患が多いため、入退院を繰り返す患者さんが疾患と上手に付き合っていくために病識の理解を深めることや、在宅に向けての生活指導を行ったりと継続的な看護が必要となります。患者さんと共に疾患についての理解を深めると同時に、信頼関係を築ける看護を提供できるよう精進して参りたいと思います。




新人後期 外科系病棟

5階西病棟 東京医療保健大学 医療保健学部看護学科H23年卒業 H23年入社 西尾友花

昨年4月に入職した頃は不安だらけでした。しかし、入職直後の基礎看護技術の研修や、プリセプターの先輩をはじめ病棟の先輩方全員が新人を見守り丁寧に指導してくださったので、不安なこともその都度確認をしながら安全に実践することができました。今では一人で任される業務も多くなりましたが、このような温かい職場ですので声を掛け合いながら協力して看護を行うことができています。当院では2年間で内科・外科を経験できる教育プログラムが特徴です。患者さんはいろいろな疾患を併せ持っていることが多いので、どちらの看護も身につけることのできる良いシステムであると実感しています。疾患や病期が違うので勉強は欠かせませんが、先輩方のような患者さんに信頼される素敵な看護師を目指して頑張っています。




プリセプターの声

6階西病棟 穂刈千絵子 日本赤十字武蔵野短期大学卒業

看護師6年目を迎えました。新人の頃を思い出すと、右も左も分からない中で、落ち込むこともたくさんありましたが、そんな時優しく声をかけてくれたり、たまには一緒にご飯に誘ってくれたり、私を気にかけてくれる先輩がいることがとても嬉しく、そして心強く感じていました。3年目になり初めてプリセプターという仕事を任せられたときは、不安も大きかったですが日々の業務の振り返りをしたり、困っていることについて話を聴いたりと、新人さんとの関わりが増えていく中でだんだんと先輩としての自覚や責任が芽生え、新人さんと共に私も成長することができたと思っています。これからは新人さんだけでなく、プリセプターの不安や悩みもフォローしながら、より良い環境の中で新人さんが成長していけるように関わっていきたいと感じています。

新人教育を受けた先輩看護師の声

5階西病棟 村山美夏 日本赤十字九州国際看護大学 H19年卒業 H19年入社

当院に勤めて5年が経ちました。新人カリキュラムで入社して2年という短期間で外科系と内科系の看護を学ぶことができ貴重な経験をすることができました。同期入社のスタッフも多く心強い仲間できました。今では同期や先輩方と新人さんの教育についても話し合うことができるようになりました。スタッフが一丸となって働ける職場に感謝しています。3年目では同期と看護研究に臨み、また、院外の研修にも参加する機会が増えました。東京は研修の開催が多く、興味のあるものに参加することができ、キャリアアップを図るためにも良い環境で働けていると思っています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。