ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 看護の専門性

看護の専門性

当院では、看護の専門性を深め看護職としてのキャリアアップを図るため、大学院での学びや認定看護師を目指す方を応援し、修了者と共に看護を追求しています。

大学院修了者の専門分野と人数
専門分野 人数
看護教育学 1
がん看護学 2
成人看護学 2
リプロダクティブ・ヘルス 1
国際看護学 1
助産学 5
小児看護学 1
 看護管理学 3

大学院での看護学を深めた看護師の声

看護学修士 リプロダクティブ・ヘルス

外来 看護師長 渡辺 久枝

大学院では、研究だけはなく多くの学びがありました。その一つが、出会いです。訪問看護ステーションの所長、行政の少子化対策担当の助産師、看護大学の助手、看護専門学校の教務主任など、様々な形で医療に携わっている方々とのディスカッションでは多角的に現象を観ることができ、自分の考え方の偏りや狭さを思い知らされました。臨床では学会に所属したり、専門誌を読んだりはしていましたが、時間を使いインターネットや図書館での検索では、系統だった情報の習得ができ、これによる知識の整理には我ながら感激しました。そして、これまで、いかに自分は感覚で物事を表現していたのかということを知り、恥ずかしくもなりました。大学院では情報・時間・恩師と仲間・研究の必要性などの多くのことの意味を考える機会になり、今後の自分の方向性を見つけるきっかけになりました。この学びを臨床で活かし、より質の高い看護を提供していきたいと思います。

認定看護管理者・専門看護師・認定看護師

専門看護師4名、認定看護師11分野17名がそれぞれの専門分野での知識・技術を活かし、専従勤務や、関係部署において活動をしています。

専門看護師・認定看護師の分野と人数
専門分野 人数
認定看護管理者 2名
専門看護師 がん看護 2名
慢性疾患看護 2名
小児看護 1名
認定看護師 緩和ケア 1名
がん化学療法看護 2名
がん性疼痛看護 1名
皮膚・排泄ケア 2名
感染管理 3名
集中ケア 1 名
救急看護 1名
手術看護 1名
認知症看護 1名
脳卒中リハビリテーション 1名
慢性呼吸器疾患看護 2名

専門看護師の声

がん看護専門看護師

5階東病棟 看護師長 吉村 美樹

朝一番は、病院全体の状況を確認するためにミーティングが行われます。がん患者さまは、どの病棟にも、外来にもいらっしゃいます。そんな中で、患者さまのニーズがないか、看護師はケアに困っていることはないのか、そこに医師やコメディカルとどのような協働ができているのかなど、情報を得ていくことはとても困難です。朝のミーティングの場面では、各病棟の状況を看護師長や看護係長と共有し、必要な介入場面の選定を行う場となっています。日中は、各病棟のカンファレンスに参加し、看護師の直面している状況を観て、どのような支援を求めているのかを話し合い、看護師とともに患者さまへ、ご家族へ、そして医療者への支援を行っています。そこでの協働は、医師、薬剤師、ケースワーカー、訪問看護師、ケアマネージャーなど他職種と病院内外を超えて必要となります。現在、多くの時間を管理や調整で追われる毎日ですが、その中で、患者さまとの触れ合いの時間を何よりも大切にしたいと思っています。がんの痛みや、絶望を噛み締める毎日だけでなく、希望や喜びを見つける一日を仲間とともに創りたいのです。

認定看護師の声

感染管理認定看護師

医療安全推進室 看護係長 矢野 由美子

感染管理認定看護師の役割は、「感染管理システム」「院内感染サーベイランス」「感染防止技術・感染防止マニュアル」「職業感染管理」「感染管理教育」「感染管理コンサルテーション」「ファシリティーマネジメント」の7つの分野に分かれています。5月から新病院となり、現在は感染管理の専従看護師として医療安全推進室の配属です。新病院での感染管理上の問題対応や、ICT(インフェクション コントロール チーム)で行う院内ラウンドの内容充実など課題は山積みで、責任の重さとともにやりがいのある、時間に追われながらも充実した日々が続いています。今後もその時々に発生する感染管理上の問題にタイムリーに対応していくこと、新病院体制での感染防止対策マニュアルの改正や内容の充実に取り組み、感染防止対策の整備に努めていきます。

皮膚・排泄ケア認定看護師

医療安全推進室 渡邊 由美子

皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷ケア、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)ケア、失禁ケアの3領域を専門的に実践・指導・相談を行う看護師です。つまり、皮膚にトラブルを生じやすい方に対して、予防的・治療的スキンケアや排泄に伴い生じる問題に対して看護を行います。見える「創」や「排泄問題」はもちろんのこと、「その人らしい」ライフスタイルに応じたQOLが提供できるよう、さらに心が癒されていく事のできる看護を心掛けたいと思っています。また、外来や病棟で直接患者さまにケアを提供する以外に院内外で皮膚・排泄ケアに関する教育活動を行う一方、自己研鑽し、質の高いケアを提供していきたいと考えています。

その他学会認定の看護師、療法士等

専門分野 人数
消化器内視鏡学会消化器内視鏡技師 6名
糖尿病療養指導士 6名
3学会合同呼吸療法認定 4名
透析療法指導看護師 1名
日本アロマセラピー学会認定 トリートメント技術認定 1名
リンパ浮腫療法士 1名

リソースナース会

月1回、各分野の専門・認定看護師らが集まり、活動内容の報告を行い、共同して院内外への研修会の企画・運営を行っています。

リソースナースによる研修

専門・認定看護師らが、看護職員に対して指導・コンサルテーションを行ったり、良質の看護ケアが提供できるように、年間を通して研修会を開催しています。

リソースナース研修会

大森赤十字病院では、専門看護師3分野4名、認定看護師11分野17名が看護の質の向上のために活動しております。また、リソースナース会(専門看護師、認定看護師等)として、院外の看護職、コメディカルに向けた研修を実施しております。ご興味のある方は、看護学生の方々も参加できます。ご参加ご希望の方は下記の連絡先迄お申込みください。

テーマ:『病院と地域をつなぐ看護を事例を通して考える』
第1回

【日時】2015年10月18日(日)10:00~15:10(受付9:30~)
【会場】大森赤十字病院 1階 講堂
【参加費】無料
【プログラム】~肺炎によりショックをきたした患者の急性期から退院に向けての看護~

時間 内容 講師
10:00~10:40 呼吸困難を訴え急激に呼吸状態が悪化した患者の看護 救急看護認定看護師 石田 仁美
10:45~11:35 敗血症ショックとなった患者へのクリティカル部門での看護~敗血症の看護、人工呼吸器管理からの離脱~ 集中ケア認定看護師 古川 冴子
11:35~12:35 休憩  
12:35~13:35 離床に向けた看護とリスク管理~廃用予防のためのポジショニングと座位耐性訓練~(演習含む) 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 深町 やよい
13:40~14:25 呼吸器疾患の憎悪から「入退院を繰り返す状態」へ陥らせない看護 慢性呼吸器疾患看護認定看護師 多田 香代子
14:30~15:10 急性憎悪により死の恐怖を体験し、HOT導入を受け入れた患者の病いのストーリー 慢性疾患看護専門看護師 今井 由佳
第2回

【日時】2015年11月15日(日)10:00~16:15(受付9:30~)
【会場】大森赤十字病院 1階 講堂
【参加費】無料
【プログラム】~大腸がんで緊急手術を行い、ストーマ増設、がん治療となった患者への社会復帰を視野に入れた看護~

時間 内容 講師
10:00~11:30 手術体位設定「砕石位」(手術室での演習) 手術看護認定看護師 岩崎 由香里
10:00~10:50 緊急手術で人工肛門を増設した患者の看護 心理的サポートとケアの導入 皮膚・排泄ケア認定看護師 中村 容子
10:55~11:40 がん化学療法を受ける患者のセルフケア支援と副作用対策 がん化学療看護認定看護師 石井 祐子
11:45~12:30 がん患者の社会復帰を支える看護 がん看護専門看護師 吉村 美樹
12:30~13:30 休憩  
13:30~14:10 アロマケアの基礎とアロマバスソルト作り(バスソルト作成の演習) アロマケア 赤石 春海
14:15~15:25 虐待を考える 小児看護専門看護師 岩尾 弓子
リプロダクティブヘルス 渡辺 久枝
認知症看護認定看護師 富樫 映一子
15:30~16:15 ノロウイルスとインフルエンザ 感染管理認定看護師 古屋野 啓子
申込・連絡先 大森赤十字病院 看護部
担当:多田香代子 鈴木富士子
電話番号:03(3775)3111(代表)
メールはコチラ
※メール、電話でお申込みください。
※1日を通しての参加だけでなく、ご希望の講義のみの参加も可能です。
受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。