ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 赤十字看護師

赤十字看護師

病院外の赤十字事業で活躍している看護師たち

赤十字について

赤十字の使命である救護活動ができるよう教育・訓練を行っています。また、いつでも全国に出動できるように救護班を編成し、救護活動がすぐに行えるように備えています。

災害看護教育について

災害看護教育について看護実践ラダーの指標に沿って研修を行っています。赤十字の学校卒業していなくても、赤十字について、災害看護について学べるようになっています。
【研修内容】
・赤十字について 基本原則 人道法
・災害看護について 災害時の対応 防災訓練
・救急法の技術訓練
・災害救護訓練 机上シミュレーション
・トリアージ訓練
・赤十字救急法講習
・こころのケア研修
・赤十字蘇生法研修

災害救護の実際

5階東病棟 看護師 碓井 綾 「東日本大震災救護を行って」

東日本大震災において、大森赤十字病院からも医療救護班が出動しました。私は震災直後から宮城県石巻市、岩手県釜石市で2回の外来診療や巡回診療、救護所での診療を行いました。被災地ではテレビからは想像もできない状況が広がり、必死で生き抜き、前を向いて歩もうとする被災者の方々の姿に鳥肌の立つ思いがし、多くの勇気をもらいました。被災地では多くの方が救護やボランティアに駆けつけ、様々な支援活動を行っていました。全国から集まった方たちと協力し合った活動は貴重な体験で心に残るものとなりました。看護師としてさらに経験を重ね、災害に備えておくことは赤十字の一員として重要な役割です。今後、被災地のさらなる復興を祈っています。

5階東病棟 看護師 碓井 綾 「東日本大震災救護を行って」 5階東病棟 看護師 碓井 綾 「東日本大震災救護を行って」


赤十字巡回診療

ICU 看護師 青山 味樹

ICU 看護師 青山 味樹

私は、平成21年5月に東京都の眼科離島巡回診療に当院の眼科医師1名と視能訓練師1名、看護師1名の計3名で、神津島へ行きました。神津島には小さな診療所が1つあり、内科系医師と外科系医師が1名ずつ常勤し、島民の方達の診療にあたっています。眼科医が不在のため1年に1回の眼科診療はとても大切な健診です。診療所の診察室の1室を借りて即席の眼科外来を開設し、視力測定や診察、眼の健康管理のための指導を行いました。神津島の方達は漁業や農業に従事している方が多く、紫外線をたくさん浴びるため白内障や翼状片を患う方が多くいますが、島での手術は不可能なため、東京都内への眼科に紹介することとなります。巡回診療中に心に残っているのは、神津島在住の診療所で働く看護師の方々の看護の姿勢です。島民全員の名前と健康状態、また家族構成や背景まで把握しており、熱心で愛情に満ちたまるで家族のような温かい看護をされていたのです。とても貴重な経験ができた時間でした。

健康生活支援指導員

ICU 看護係長 寺野 とも子

ICU 看護係長 寺野 とも子

私が、健康生活支援講習の指導員になって15年が過ぎました。健康生活支援講習会は、一般の人を対象に、高齢期を健やかに過ごすための介護・支援の知識・技術の習得を目的に実施しています。講習会には、高校生から高齢の方まで、幅広い年齢層の方が参加しています。内容は、車椅子での移動やからだの清潔、床ずれの手当てなど盛りだくさんです。参加者から、「もっと早くにこの講習会に出会っていれば、より良い介護ができたでしょうに。」と言われることがあります。後悔先に立たずの心境だということが伺えます。そんな時は、ボランティアに活かしてみませんか?と声を掛けています。70歳を過ぎても、この講習会で一般指導員としてボランティアをしている方にお会いする度に、元気のパワーを頂戴します。だから、臨床看護師と講習会指導員の両立はとても楽しいです。

幼児安全法指導員

3階病棟 看護師長 橘田 久子

3階病棟 看護師長 橘田 久子

幼児安全法の講習会は、子どもに起こりやすい事故の防止と手当の方法、家庭内での看病の方法、子どもの救急時の対応で救急車が到着するまでに行うべき心肺蘇生とAEDなどの救命処置に必要な講習を行っています。私は指導員となって10年目になりますが、思わぬ事故から子ども達を守り、子ども達の元気と笑顔を守る子育てのサポーターとして支援していきたいと思います。そしてこの講習を受けた方がさらに子育て支援者となり活動されることを願っています。今後も地域の要望に応じた出張講習も実践していきたいと思います。

心のケア指導員

7階病棟 看護師長 村木 久子

7階病棟 看護師長 村木 久子

日本赤十字社は「こころのケア」を救護活動の柱の一つとして、災害によるストレスを受けた全ての被災者を対象に、精神的なダメージ、心身の疲労、避難所生活などから生ずるストレス状態の軽減を図る活動をしています。また、こころのケアは救護員が自らのストレスに対処することも目的としています。私自身、5年前の新潟中越地震の際、救護班員として発災から4ヶ月後に活動をした経験があり、避難所での生活をする被災者は少数でしたが、救護所来所者は今後の生活への不安(自宅の改築や経済的なことなど)を訴えていました。「こころのケア」講習会では、病院での経験やこれまでの事例などを活用し、受講者と共に私自身も考え学を深めることができます。これからも、こころのケア要員としての活動を臨床や救護の場面に活かしていきたいと思います。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。