ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 病棟・外来・手術室紹介

病棟・外来・手術室紹介

病棟紹介(各看護単位の紹介)

3階病棟

3階病棟

当病棟は産婦人科、小児科、眼科を主とした46床です。
産婦人科では、妊産褥婦さんに寄り添った助産ケアの提供を心がけています。医師との協働を大切にしながら助産師の専門性を発揮できるよう努め、女性のライフサイクルに応じたケアを医学的根拠に基づき行えるよう各種研修会への参加や病棟内での勉強会・症例検討会を積極的に実施しています。
小児科では、急性期や短期入院の子どもが中心で、子どもとご家族の意思を尊重する看護を心がけています。子どもたちの生活のリズムを整え、寂しい思いを和らげるため、プレールームでの遊びや、七夕祭りやクリスマス会などの季節の行事を取り入れたりさまざまな工夫をしています。

4階病棟

4階病棟

当病棟は、整形外科、糖尿病内分泌内科を主とした49床です。
整形外科では、骨折などの外傷や変形性膝関節症、椎間板ヘルニアなどで手術を受けられる患者さんが安心して手術を受け、早期に退院できるよう医師、看護師、理学療法士・作業療法士とソーシャルワーカーが協働し、患者さんの入院から退院までをチーム医療で支援しています。
糖尿病内分泌内科では、患者さんが病気を受け入れ、病気と共に生活の質を向上しながら人生を歩めるよう、医師、看護師、薬剤師、栄養士と共に患者さんの療養生活を支援しています。糖尿病教育入院では、各職種が糖尿病教室を担当し、患者さんの療養指導に力を注いでいます。

5階西病棟

5階西病棟

当病棟は、外科、泌尿器科、眼科、消化器内科を主とした49床です。看護師、看護助手、クラークと薬剤師、各診療科の医師とで治療と看護を行っています。
手術、検査、化学療法など、手術前後、その後の治療と、急性期だけでなく日常生活を送りながらの治療を支援しています。患者さんの経過によっては、自宅にスムーズに戻れるように社会資源の活用や家族の協力が得られるよう調整し、患者さんがその人らしい生活を送れるように支援しています。
また、終末期、がんの患者さんに、緩和ケア認定看護師、がん看護専門看護師、皮膚排泄ケア認定看護師が主体となり医師、看護師、薬剤師等チームで協力して生活の質が保持できるよう支援しています。

5階東病棟

5階東病棟

当病棟は、消化器内科、皮膚科の49床です。
消化器内科の医師10名と皮膚科の医師1名、看護師37名と看護助手5名、クラーク1名でチームワークを大切に頑張っています。2011年10月に開設したばかりの新しい病棟で初めて迎える新年度をみんなで成長できる年としたいと思っています。
消化器内科は検査や専門的治療、皮膚科も手術が必要な方など急性期の専門的治療から慢性疾患、ターミナル期の患者さんと多岐にわたり看護師も専門的知識・技術が必要となります。
看護師の中には専門看護師や認定看護師もいるため実践面だけでなくカンファレンスなどを通して一緒に考え、それぞれのケアに活かしています。まだまだ始まったばかりの病棟ではありますが、明るく活気あふれる病棟を全員でつくっていきます。

6階西病棟

6階西病棟

当病棟は、循環器科、呼吸器内科・外科、耳鼻咽喉科の49床です。
入院している患者さんは、10代から100歳を超えた高齢者まで幅広い世代におよびます。
急性心筋梗塞による心臓カテーテル検査や、慢性副鼻腔炎の手術、気胸や急性扁桃腺炎などの緊急入院などが対象です。私たち看護チームは、医師、薬剤師、MSW、PTなどのコメディカルと連携をとり、急性期の患者さんから回復期、退院支援の必要な患者さんまで、各健康段階にある方々の看護を行なっています。
呼吸・循環の疾患を持っている患者さんは、病状が急変するケースもあることから、看護師はBLSやACLSを取得し、スキルを高めるよう自己研鑚に努めています。そして、医療機器の使用頻度も多い重症患者さんへ安全な看護を提供するために、医療安全を意識した看護カンファレンスも行っています。病棟には感染看護認定看護師もおり、感染症を持った患者さんのケアの充実に努めています。若いスタッフが多い病棟ですが、赤十字キャリア開発ラダーや静脈注射レベルⅡの取得にチャレンジして、看護の質の向上に努めています。

6階東病棟

6階東病棟

当病棟は、脳神経外科、神経内科、消化器内科の49床です。
脳神経外科、神経内科の疾患は、急な発症で身体機能が低下したり、慢性的な経過をたどることも少なくありません。急性期には手術や薬剤投与などの専門的な治療を受けられる方、症状が安定した回復期には身体機能の回復維持のためにリハビリテーションを受けられる方など、患者さんは多岐にわたります。疾患治療・回復のステージに応じて安全で細やかなケアを行うために、医師・看護師・PT・OT・ST・MSWなど他職種間で協働しています。4月からは、急性期のリハビリテーションに力を入れています。日常生活上援助を必要とされる方が多く入院されている中、病棟スタッフは明るく活気にあふれています。患者さんに寄り添った医療を提供できるよう、スタッフ一丸となって看護ケアに取り組んでいます。

7階病棟

7階病棟

当病棟は、呼吸器内科・腎臓内科・血液内科、特別室3床を含め計47床です。
看護師と看護助手・クラーク、各診療科医師が協力して治療・ケアに取り組んでいます。肺癌や血液疾患に対する化学療法や、慢性呼吸器疾患・誤嚥性肺炎・高血圧症などに対する治療や生活指導・教育を行っています。また、腎臓病に対する血液透析や腹膜透析を受ける患者さんへは透析室のスタッフと連携をとりながら、患者さんのセルフケア能力を高めるために看護を行っています。慢性疾患を持ち、長期の入院や、入退院を繰り返す患者さんもおり、意欲を失わずに療養生活を送れるよう、患者さんのそばにいる看護を実践しています。また、ご家族の方への在宅看護への指導にも力を入れ、MSWとの連携を取りながら行っています。
病棟の雰囲気は明るく、和やかです。スタッフ個々が伸び伸びと成長できる職場環境です。

ICU病棟・透析室

ICU病棟・透析室

ICU・CCU(集中治療室)は、平成22年5月に新設し3年目を迎えました。ベッド数は6床でオープンベッドが2床、個室が4床です。スタッフは、各科担当医師とICU・CCUの常駐医が治療にあたり、21名の看護師が2交代で看護を行っています。生命の危機に直面している患者さん・家族をケアするため緊張感はありますが、チームワークがよく明るい病棟です。「安全・安心・明るい」をスローガンに最新治療と医療機器、患者・家族ケアについて日頃から学びを深め、一般病棟や他職種との連携をとり、よりよいチーム医療を提供するために努力しています。

透析室

透析室

新病院になり透析室は15床と増床し、血液透析・腹膜透析をはじめ、血漿交換等の血液浄化療法や腹水濃縮も行っています。透析室内だけでなくICUや病棟でも実施し、現在約40名の透析患者の治療を、医師3名、臨床工学技士3名、看護師5名で行っています。
患者さまは、週3回3~4時間と多くの時間を透析室で過ごしていますが、導入期、維持期の違いだけではなく、ご高齢な方や糖尿病等でさまざまな合併症を抱えています。私たちは、フットケア等のケアの充実化も図るだけでなく、患者さまそれぞれにあった生活指導を行い、患者さまだけでなくご家族との関わりにも力をいれています。より安全で快適な治療を提供するために、技術教育プログラムを作成・実施、年間学習会を実施し知識・技術の向上に努めております。

手術室

手術室

手術室の基本方針は、手術を受ける患者さんの権利と安全を守ることです。新病院になり手術室が5室と増え、緊急手術にもスムーズに対応できる体制を整えています。手術は、麻酔医、医師、看護師の医療スタッフチームで行いますが、その中心は患者さんです。患者さんは、病気そのものの不安に加え、麻酔や手術に対する不安はとても大きいと思います。そのため、手術室看護師は術前訪問を行い「手術室の中はどうなっているのか」「痛みはないか」「寒くはないか」などの疑問についてお答えして、不安の軽減に努めています。また、手術室では患者さんの希望のBGMを流すなど、金属音を少なくし、リラックスできる環境つくりに配慮しています。患者さんの一番身近にいる看護師は、専門的な知識と技術をもって手術が安全に行われること、患者さんの安全安楽が十分に配慮された手術看護を提供できることを目標にスタッフ一同がんばっています。

外来

外来

外来は新病院となり、1階に35室の診察室と中央処置室・救急処置室・採血採尿検査室、地下1階に内視鏡検査室・放射線検査室・生理機能検査室が配置されています。個人情報の保護に配慮し、患者さんを受付番号でお呼びするシステムを導入して3年目になります。看護職員は、師長1名・係長3名・スタッフ27名です。病棟との継続性を大切にしつつ、さまざまな看護を経験できるのが外来です。子どものいるスタッフの育児短時間勤務利用の他、就労時間や雇用形態が多様なスタッフが多いことも特徴の一つです。
中央処置室での点滴治療管理や輸血療法・輸血用自己血採血などをはじめ、内視鏡検査の看護など専門性の高い処置へも臨機応変に対応できるよう日々研鑽を積んでいます。各科の疾患及び治療の学習に加え、院内の静脈注射認定の取得などの技術向上に努めています。また、院内でキャリア開発ラダー認定や院外での各種認定資格取得、院外研修参加など、スタッフが個々に目標を設定しキャリアアップを目指しています。外来に来院された患者さんが「心あたたまる」ときを過ごして頂けるよう、さまざまな業務改善をすすめています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。