ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 病棟・外来・手術室紹介

病棟・外来・手術室紹介

病棟紹介(各看護単位の紹介)

3階病棟

 3階病棟は産婦人科、小児科、成人女性の患者さんを受入れる46床の病棟です。産科では、女性が持つ自然な力を最大限に発揮できるように妊娠期から分娩期、産褥期まで継続的に支援しています。また、産後に安心して子育てできるように、助産師が専門性を発揮してケアを行っています。婦人科では、女性特有の疾患や手術を受ける患者さんに対して、安全で早期回復に向けた周手術期の看護を実践しています。小児科では、新生児期から思春期までの急性期疾患による入院が多く、子どもと家族への身体的・精神的なケ アを実践しています。成長・発達を捉えて、検査や手術を受ける子どもへの苦痛を緩和するケアを心がけています。  多様化する社会の中で、様々なケアが必要な患者さんや子ども、家族への支援を、医師、看護師、助産師をはじめ他職種で協働し、外来や地域、行政との連携を行っています。3階病棟のスタッフ一人一人が子育てのサポーターになれるように、専門的な知識や技術の向上をめざし、共に学び合える環境を大切にしています。

ページの先頭へ

4階病棟

 4階病棟は、整形外科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科、耳鼻咽喉科の53床の病棟です。  整形外科では、骨折などの外傷や、変形性疾患、脊椎疾患で手術を受ける患者さんが入院されており、手術と術後のリハビリテーションを中心とした治療とケアを実施しています。 糖尿病・内分泌内科では、主に糖尿病の教育入院や糖尿病の急性合併症の患者さんが入院されています。患者さんとご家族が安心して治療を受け、早期に生活の場や社会に復帰ができるよう、また病気を受け入れ病気と共に生 活を送れるように、医師・看護師・リハビリテーションスタッフ・薬剤師・MSW等の他職種で定期的にカンファレンスを実施し、チーム医療で患者さんの療養生活を支援しています。術後の早期リハビリテーションでは専用の医療機器を使用することも多く、安全な看護が提供できるよう定期的な勉強会を開催し専門的知識と技術の向上に努めています。

ページの先頭へ

5階西病棟

 5階西部病棟は、外科・泌尿器科・呼吸器外科・眼科・腎臓内科・消化器内科・整形外科で構成される49床の外科系混合病棟です。外科・泌尿器科は主に手術、がん化学療法、症状緩和などの治療を行っており、周術期から終末期の患者さんが入院されています。看護師は手術を受ける患者さんが、安心・安全に治療を受けられるように看護を提供しています。腎臓内科は主に血液透析・腹膜透析の導入や維持を行っており、腎不全やネフローゼの患者さんが日常生活の中で治療を行えるよう看護を提供しています。 診断期から治療期、維持期、終末期まであらゆる病期にある患者さんの療養生活を支援できるよう、看護師、医師、薬剤師、栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカー、様々な医療専門チームと連携して、看護ケアの充実に努めています。

ページの先頭へ

5階東病棟

 5階東病棟は、消化器内科、呼吸器内科、血液内科、皮膚科の49床の病棟です。がんをはじめとする慢性疾患の患者さんの治療から緩和ケアまで、幅広い病期に対応しております。当病棟では、診断された時から最後を迎える時までの患者さんの看護をしており、看護師は患者さんの生活背景を捉えながら、専門的な治療を受ける患者さんお支援や、病いと共に生きるためのセルフケア支援、緩和ケアを受ける患者の支援等を行っております。さらに多職種でカンファレンス等を行い、チームで患者さんや家族にとってより良いケアを提供できるよう努めております。

ページの先頭へ

6階西病棟

6階西病棟は、循環器内科・心臓血管外科の41床の病棟です。 主な疾患は、急性心筋梗塞・狭心症・心不全・弁膜症・腹部大動脈瘤などです。ICUやHCUから転入してくる急性期の患者さんや、緊急入院・心臓カテーテル検査やペースメーカー挿入の処置入院の患者さんなど、入退院の多い病棟です。常に状態が変化する患者さんの急変に備え、赤十字救急法やBLSを取得し、医師・看護師・薬剤師・看護補助者など多職種で急変対応のシミュレーションを実施して、スキルを高めるよう努めています。また、心不全を繰り返す患者さんがセルフケアを獲得し自己管理できるように多職種と連携しながら生活指導を実施しています。

ページの先頭へ

6階東病棟

6階東病棟は、脳神経内科、脳神経外科、循環器内科、血液内科の計41床の病棟です。 脳神経疾患の患者さんは、急性期には手術やカテーテルによる血管内治療、薬物治療などを行います。症状が安定すると再発予防に向けた生活の構築や身体機能回復に向けたリハビリテーションを行うなど看護は多岐にわたります。  病棟では看護師と病棟専従のリハビリテーションスタッフが連携を図り、より質の高い看護とリハビリの提供を目指し取り組んでいます。 また、身体機能が低下した患者さんが残された機能をいかして生活の場へ早期に復帰できるよう、医師・看護師・リハビリ・医療ソーシャルワーカーなど多職種でのカンファレンスを定期的に開催し、それぞれが専門的な立場から情報や意見を共有しながら、チームで患者さんの回復過程や社会復帰を支えています。

ページの先頭へ

7階病棟

7階病棟は呼吸器内科・腎高血圧内科・血液内科・循環器内科の計47床の病棟です。急性期の看護はもちろん、慢性疾患による長期の闘病や入退院を繰り返す患者さんに生活指導を行い、自己管理できるように支援しています。自宅でNPPVや腹膜透析を実施する患者さんも多く、本人や家族が手技を獲得できるよう関わっています。また患者さんを取り巻く問題に対しては、透析室のスタッフ、がん看護のリンクナース、MSW、薬剤師、リハビリテーションスタッフと連携をとりながらチームで問題解決をしています。このように看護師・看護補助者・各診療科医師・他職           種と協力して、安全で安心できる看護を目指しています。 現在は、COVID-19感染症の患者さんを受け入れるための専門病棟となっています。通常時の看護とは異なることも多いですが、日々変化する新しい情報を共有しながら、感染対策を徹底し対応しています。

ページの先頭へ

集中治療室(ICU・CCU)

ベッド数はオープン2床と個室4床の合計6床です。この4月に師長をはじめとして新しい方を迎え看護スタッフは25名です。クリティカルな状態にある患者さんやご家族にどのようなケアを提供することが最良なのかを医師・薬剤師・リハビリ・栄養士と共にチームワーク力を利用し日々検討しています。また、救急外来・心臓カテーテル等の看護実践も担い、高度医療に対応できるように自己研鑽並びに経験年数に会わせた訓練も計画的に実施しています。侵襲の大きい手術後の管理や救急や院内での急 な状態悪化などの入室にも対応するため、緊張感のONとOFFを旨く使い、フレキシブルに働くスタッフが多いです。患者さんにとり本当の優しさ探しをする病棟を目指しています。

ページの先頭へ

ハイケアユニット(HCU)

HCUはオープンベッド8床、個室4床です。師長1名、係長2名、看護師20名で各科主治医と協力して日々の治療・看護を行っています。主な疾患は、循環器の心不全、急性心筋梗塞、狭心症など、心臓血管外科の弁膜疾患術後、冠動脈バイパス術後など、脳神経外科の脳出血、脳梗塞などです。急性期から亜急性期にある患者さんや家族にケアを提供するため、緊張感はありますがICUと協力して安全な入院生活をサポートしています。また、救急外来・心臓カテーテル検査室での看護実践にも携わり、初期治療からリハビリスタッフ・薬剤師などの多職種と連携を図り、きめ細 やかに、充実した急性期看護を目指しスタッフ一丸となって取り組んでいます。

ページの先頭へ

手術室

透 手術室の基本方針は、手術を受ける患者さんの権利と安全を守ることです。手術は、麻酔医、医師、看護師の医療チームで行いますが、その中心は患者さんです。 患者さんは、病気そのものの不安に加え、麻酔や手術に対する不安を抱えています。そのため、手術室看護師は術前訪問を行い「手術室の中はどうなっているのか」、「痛みはないか」、「寒くはないか」などの疑問についてお答えして、不安の軽減に努めています。また、手術室では患者さんが希望するBGMを流すなど、リラックスできるような環境つくりに配慮しています。 患者さんの一番身近にいる看護師は、専門的な知識と技術を駆使して手術が安全に行われ成功すること、患者さんの安全安楽が十分に配慮された手術看護を提供できることを目標にがんばっています。

ページの先頭へ

外来・透析室

外来
当院の外来には1日600~700人の患者さんが来院されます。18の診療科が35の診察室で診療しますが、看護師は診療介助以外にさまざまな場所での対応をします。患者情報センターで問診・バイタルサイン測定・トリアージ・検査や入院の説明、中央処置室では輸血やさまざまな注射や検査後の経過観察、救急外来では脳卒中や虚血性心疾患などを含む月370台前後の救急車で来院する患者さんの対応、地下の検査部門では内視鏡検査・透視の検査・脳や腹部の血管治療の介助、そして今年度から通院治療室も外来管轄となり、外来で化学療法を受けられる患者さんを担当させて頂きます。疾患の勉強は勿論、新しい治療に対する特殊技術や資格を取得 し、対応トレーニングを定期的に実施したり、新しい薬品の勉強など自己研鑽を行いつつ、必要として下さる患者さまには外来での受け持ち制を導入し、個人では勿論、チームで患者さんを支え、できるだけ自宅で有意義な時間を過ごせる援助ができるように、そして、「こころあたたまる病院」「よりそう看護」を目指していきます。

透析室
透析室はベッド数17床です。血液透析・敗血症に対するエンドトキシン吸着術・血漿交換・潰瘍性大腸炎治療の吸着術・腹水濃縮などを医師・臨床工学技士・看護師でチーム医療を行っています。透析導入・維持透析(外来・入院)・緊急透析など様々な患者さんの治療を行い、透析室内だけでなくICU・HCUへの出張透析も行っています。重症患者さんの透析も増え、より安全に治療を行うことが出来るよう知識・技術の向上に努めています。 腹膜透析外来では、月1~2回の受診で治療・手技確認・生活指導などを行っています。高齢化に伴い、認知症やさまざまな合併症を抱えた方も多く、患者さんだけでなく家族へのかかわりにも力を入れ、さらに安全で快適な治療や看護が提供できるよう、日々努力しています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。