ホーム > 部門紹介 > 医療安全推進室

医療安全推進室

室長より

医療安全推進室の室長を務めております後藤です。当院の医療安全を推進する目的で設置されましたが、一口に医療安全と言いましても幅広い領域を対象としています。その中で私が力を入れておりますのは、以下の3点です。

  1. 単純なエラーの防止 いわゆる単純ミスと言われるものですが、場合によっては大きな事故につながります。多くは間違いやすい原因が隠れていますので、早めに危険を察知して予防に力を入れたいと思います。
  2. 診療レベルの向上 診療が未熟だと、当然ですが患者さんに大きな不利益を与えてしまいます。院全体で診療のレベルアップに努めていきたいと思います。
  3. コミュニケーション不足による紛争予防 医療は不確実な領域が多くあり、エラーもなく、診療レベルも未熟でない場合でも結果が不満足に終わる場合が多々あります。このような場合、きちんと患者さん・ご家族に説明していれば納得が得られますが、不十分だと紛争に発展してしまいます。結果が悪い場合ほどきちんと説明することを基本としていきます。

以上を中心として、患者さん、ご家族の皆さんが安心して診療を受けていただける病院にしていきたいと考えております。またお願いですが、全ての皆様に安心して療養していただけるように院内の規則を守っていただくことと、医療はいまだ不確実な領域が多く、予期せぬことが起こり得るということをご理解いただきたいと思います。

高度化・専門化された複雑な医療の現場において、安全な医療を提供するためには、病院全体でエラーが発生しにくい仕組み作りをすることが必要です。 当院では医療安全推進室が設置されており、室長(副院長)を中心とした9名のメンバーで、安全管理のための活動を行っています。

医療安全管理における組織図

医療安全管理における組織図

主な活動内容

(1)インシデント・アクシデント報告の分析、改善対策の検討

各部署において発生したインシデント・アクシデントはレポートとして医療安全推進
室へ即時報告されます。医療安全推進室では毎週1回のミーティングで、報告されたケースについて検討し、再発防止対策を考えます。
また、一か月分のデータ集計結果は、医療安全管理対策委員会において各部署のリスクマネージャー間で共有し、さらに討議を行い安全管理体制の強化につなげます。

(2)院内ラウンドの実施

インシデント・アクシデントレポートで報告された内容については、院内ラウンドを行い、その実態を把握しています。 また、医師・薬剤師・臨床工学技士などとともに、医薬品・医療機器の管理の現状を把握するよう努めています。

(3) 部門リスクマネージャーの活動

各部門のリスクマネージャーは緊急対応・医療機器管理・薬剤管理・転倒転落防止・
チューブ抜去防止のグループに分かれて、院内教育やマニュアルの整備など、課題達 成に向けて取り組んでいます。

(4) 医療安全に関する職員への啓発・広報

他施設で発生した医療事故事例等を職員へ周知し、当院での事故発生を防止することに努めています。また、インシデントレポートで報告された内容を他部署で共有できるようにタイムリーに情報を伝えて、同様のインシデント発生を防止できるよう対処しています。

(5) 感染対策

感染管理医師と感染管理看護師が、医療安全推進室メンバーとして院内の感染管理状況をタイムリーに把握し、厳重な感染管理対策に努めています。

主な活動
  1. 院内サーベイランス
  2. 感染管理対策チームによる院内ラウンド
  3. 研修会などの教育企画
  4. マニュアルの整備

患者さんへのお願い

ご入院中、安全にお過ごしいただくためには、患者さん・ご家族さまにいくつかのお願いをしております。

看護婦さん
患者さんを確実に確認するために・・・
患者さんご本人かどうかの確認のために、お名前をフルネームで名乗っていただいております。また、ご入院の際にはお名前の書かれたバンドを手首につけていただいております。薬剤を使用するときや検査を行うときなど、確実に患者さんを確認するためですので、ご協力いただけますようお願いいたします。
転倒・転落防止を防止するために・・・

ご病気による体力の低下などにより、入院生活では転倒やベッドからの転落など の危険性が高くなります。履物はかかとがしっかり固定され、普段履きな れた履物をお持ちください。ご心配な時には、必ず看護師が付き添いますので、 ご遠慮なさらずにナースコールでお知らせください。

スリッパ
その他、安全な入院生活を送るために・・・
  1. 病気の治療目的で、食事の制限や水分制限をさせていただく場合がございます。 差し入れや、患者さん同士での食べ物のやり取りはしないように、ご協力ください。
  2. 「入院のご案内」に記載されているもの以外の、入院時のお持ち込みはお断りして おりますが、何かございましたら病棟看護師長にご相談ください。
  3. 薬剤や食品のアレルギーがある場合には職員へお伝えください。
  4. 他の患者さんや職員に対する暴力や暴言等の迷惑行為は禁止致します。 場合によっては退院していただくことがあります。安全な入院生活のためにご協力いただけますよう、お願い致します。 
受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。