ホーム > 診療科の案内 > 循環器内科

循環器内科

診療科の特色

 心臓や全身の動脈、肺血管を中心として、生活習慣病や内科疾患全般を扱います。心臓に関する精密検査は、64列CTやSPECT心筋シンチグラフィー、心臓MRI、心臓超音波検査等の最新設備を駆使して、患者さん一人一人の病態とご要望に沿った、必要十分かつ安全な方法を選択して行います。
 2012年の新病院オープンとともにICUCCU6床が開設され、2013年東京都CCUネットワークへ加盟。2014年には心臓血管外科開設、HCU12床増設とこの3年で当循環器内科の診療環境は大きく前進しました。循環器内科常勤医7名で毎日当直しており、急性心筋梗塞や急性心不全に対するカテーテル治療、IABPPCPSや緊急ペーシング、集中治療室(ICUCCU)管理は24時間体制で対応可能です。おかげさまで急性心筋梗塞患者数、カテーテル治療例数もこの3年で倍増し、都内有数の循環器急性期病院としての実績を上げています。東京都CCUネットワーク集計では2016年度の急性心筋梗塞受け入れ件数は都内19位でした。
 20154月からは、重症心不全に対する両心室ペーシングと埋込み型徐細動器の手術も可能となりました。高齢者や重症患者の様々な疾患が複合する病状に対しても、総合病院のメリットと院外、院内の連携の良さを生かして総合的に治療を行っています。

外来で行った当院の64列CTによる冠動脈評価。左前下行枝が閉塞しているが、右図のように画像処理を行うと冠動脈の高度石灰化の横にわずかに内腔が存在することがわかる。

外来で行った当院の64列CTによる冠動脈評価。左前下行枝が閉塞しているが、右図のように画像処理を行うと冠動脈の高度石灰化の横にわずかに内腔が存在することがわかる。

同じ患者さんの運動負荷心筋シンチグラフィー。上段が運動負荷直後、下段が安静後。前壁、つまり左前下行枝の血流域において、運動負荷時に血流が低下していることがわかる。

同じ患者さんの運動負荷心筋シンチグラフィー。上段が運動負荷直後、下段が安静後。前壁、つまり左前下行枝の血流域において、運動負荷時に血流が低下していることがわかる。

ページの先頭へ

診療方針

 当科を受診する皆様一人ひとりと向き合って、生活習慣、食事、家庭環境、人生観や性格まで考慮して、その方にとって最適な治療方法と治療薬を決定し、安全かつ丁寧に治療することを大切にしています。そのためにはまず患者さんの話をよく聞くこと、そしてわかりやすい充分な説明、不安感や苦痛が最も少ない安全第一の検査と治療を常に心がけています。特に初めて受診する方、具合の悪い方にはお待たせしない迅速な対応を行います。

ページの先頭へ

得意とする診療

  • 急性心筋梗塞、狭心症、心不全、弁膜症、心筋症、成人の先天性心疾患、不整脈疾患などの心臓病全般
  • 大動脈疾患
  • 閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症などの末梢血管疾患
  • 肺血栓塞栓症、肺高血圧症などの肺血管疾患
  • 生活習慣病全般

ページの先頭へ

こんな症状取り扱います

  • 息が異常にハアハアとする。息苦しい。息切れを感じる。
  • 足がむくむ。全身がむくむ。
  • 胸が圧迫される感じ、締めつけられる感じ、痛い感じがする。
  • 胸がドキドキすることがある。
  • 気が遠くなることがある。気を失って倒れたことがある。
  • 健康診断で心拡大、心肥大、心電図異常、不整脈などを指摘された。

ページの先頭へ

患者さんへ

 当院は心臓の症例数のみを追求する病院とは異なります。皆さま一人ひとりと向き合って、生活習慣、食事、家庭環境、人生観や性格まで考慮して、その方にとって最適な治療方法と治療薬を決定し、安全かつ丁寧に治療することを心がけています。

地域の先生方へ

 初めて当科を受診する方のために、月曜から金曜までの毎日9時から11時まで初診外来を複数の医師で行っています。軽微な胸部症状や健康診断でのわずかな異常の疑いであっても、直ちに循環器内科医が診察と精査を行い、結果は迅速にご報告致します。予約も可能ですのでお気軽に当院連携室(03-3775-3676)へご相談下さい。
 救急患者さんは24時間お断りすることなく迅速に診察いたします。循環器疾患かどうかわからない場合でもまず当科へご連絡下さい。
 当科が本格的にスタートして14年、おかげさまで地域の先生方からご紹介いただく患者さんは毎年増加の一途を辿っていますが、安定した患者さんは必ず地域の先生方の元へ戻っていただいております。
 今後も患者さんにとって満足度100%の診療科を目指すとともに、真に地域の先生方に信頼される診療科でありたいと思っています。今後とも宜しくお願い申し上げます。




 

ページの先頭へ

業績(平成28年度)

≪学会発表≫

堤 勝彦、持田泰行、神原かおり、福岡雅浩、降旗修太.アナフィラキシーを契機に発症した冠攣縮性狭心症の一例.第240回日本循環器学会関東甲信越地方会.東京.2016.6.4

 神原かおり.難治性心不全患者への非薬物的治療について~心臓再同期療法の効果と欠点~.第3回大森心血管連携フォーラム.東京.2016.9.21

 持田泰行.冠動脈ステント留置後の心房細動合併例における抗血栓療法の最新知見.第12回城南Cardiovascular Risk Management研究会.東京.2016.11.17

 神原かおり.深部静脈血栓症・肺塞栓症を診る.蒲田医師会地域医療連携講演会.東京.2016.11.22



検査・治療件数(平成28年度)

検査・治療件数 件数
急性心筋梗塞 117件
心臓カテーテル(PCI含む) 464件
冠動脈インターベンション(PCI) 182件
永久ペースメーカー植え込み術 40件
心筋シンチグラフィー 144件
PCPS 2件
IABP 9件
冠動脈マルチスライスCT 236件
心臓MRI 17件

ページの先頭へ

東京都CCUネットワークへの加盟が承認されました

東京都CCUネットワークとは、急性心筋梗塞、急性心不全をはじめとする重症心血管疾患への専門的治療を24時間迅速に行うため、1978年から東京都が組織した病院ネットワークです。現在約70施設が加盟し救急車や病院からの依頼に分単位のスピードで対応しています。当院もこれまでの活動実績が評価され、2013年4月から加盟が承認されました。これからもより質の高い医療を実践して行きますので、よろしくお願い申し上げます。
循環器内科 持田 泰行

   
ccunet

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。