ホーム > 診療科の案内 > 血液内科

血液内科

診療科の特色

血液腫瘍を含む血液疾患を扱います。血液疾患とは白血球、赤血球、血小板といった血液中の細胞の質的・量的異常を中心とした病気です。血液細胞が造られる骨髄の異常も含みます。
血液腫瘍の代表的なものは白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫です。血液腫瘍以外では再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、鉄欠乏性貧血などです。

ページの先頭へ

診療方針

血液腫瘍が疑われる場合は骨髄検査を行い診断します。外来での検査も可能です。その他レントゲン、CT、MRI、シンチグラムなどの画像検査を行います。血液腫瘍の場合は入院の上、化学療法を行いますが、疾患や程度によっては外来通院での治療も可能です。急性白血病や骨髄移植などのより専門的治療が必要な場合には大学病院などと協力して治療を行います。

ページの先頭へ

得意とする診療

  • 悪性リンパ腫の診断、治療
  • 多発性骨髄腫の診断、治療
  • 骨髄異形成症候群の診断、治療
  • 特発性血小板減少性紫斑病の診断、治療

ページの先頭へ

こんな症状取り扱います

  • 貧血症状(動悸、息切れ)
  • リンパ節腫脹(首、わきの下、もものつけ根の腫瘤)
  • 出血傾向(皮膚の点状出血など)
  • 白血球増加、減少
  • 血小板増加、減少

ページの先頭へ

患者さまへ

貧血や血小板の異常を中心に診療しています。女性に多い鉄欠乏性貧血や健康診断で血液(白血球,赤血球,血小板)の異常を指摘されている方はご相談下さい。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。