グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


診療科・部門

循環器内科



診療科の特色

すべての循環器救急疾患を積極的に受け入れ、多くの患者さんに対してより良質な医療を提供できるよう努力しています。
循環器救急では重篤な状態の患者さんも多いですが、積極的に心臓カテーテル治療を行い、補助循環(大動脈内バルーンパンピングや経皮的心肺補助装置)を使用することで、多くの患者さんが元気に退院できるよう努力しています。
また労作性狭心症に対する心臓カテーテル治療や、閉塞性動脈硬化症や重症下肢虚血(下肢の壊疽)に対する下肢動脈カテーテル治療など、カテーテルを用いた血管内治療を積極的に行っています。
心不全や弁膜症に対してはより詳細に心臓を観察できる経食道心エコー図検査を積極的に行い、病態の把握や治療方法の選択を行っています。

診療方針

救急医療においては、詳細な病歴聴取と積極的な検査により迅速に診断を行い、早期に積極的な治療を行います。
通常診療では、症状や既往歴などをより詳細に伺い、安全で必要最低限の検査から行い診断します。必要時には入院検査にて確実な診断を行います。治療方針は患者さんやご家族と相談のうえ、ご本人にとって最も意義のある治療を選択、実行します。
高齢の患者さんの入院に際しては、点滴治療は最低限とし、積極的にリハビリを行うことで、認知機能やADLが低下することのないように努めます。

得意とする診療

  • 急性心筋梗塞に対する心臓カテーテル治療を24時間迅速に実施
  • 狭心症に対する心臓カテーテル治療
  • 閉塞性動脈硬化症(下肢動脈の狭窄、閉塞)、下肢の壊疽に対する下肢動脈カテーテル治療
  • 心不全、心臓弁膜症、肺血栓塞栓症、不整脈の診断と治療

こんな症状取り扱います

  • 胸痛、胸苦しさ、胸が重苦しい
  • 動悸、ドキドキする、バクバクする
  • 意識消失(失神)発作、一時的に目の前が真っ暗になる、ふらつき
  • 息切れ、呼吸困難、息が吸えない
  • むくみ
  • 血圧が高い
  • 歩行時のふくらはぎの痛み
  • 足先の激痛、足の指から足全体が蒼白、冷たくなる

患者さんへ

医療は日々進歩しており、以前は治療困難であった病気に対しても、より負担の少ない高度な医療により治療ができる場面も増えています。その一方で治療の選択は複雑で、どの治療を選べば良いのか迷うことも多いと思います。
当院では患者さんやご家族から詳しくお話を伺い、丁寧に説明しながら、患者さんやご家族の視点に立って、その患者さんに対して最も意義のある治療ができるよう一緒に考えていきます。
高齢の患者さんでは暦の年齢ではなく、実際のお元気さ、普段のADLや判断力を十分に考慮してより良い治療をお勧めできるよう心がけています。
循環器疾患は早期発見、早期治療が望ましいものが多いので、症状があったり、健診で引っ掛かった際には、早めに受診して下さい。

地域の先生方へ

循環器救急疾患は24時間、365日 即座に受け入れています。先生方が循環器疾患を疑い、早目の対応が必要と考えた時には、お気軽にご連絡下さい。心不全であるか肺炎であるか迷うようなケースも多いと思いますが、そのような症例もすべて受け入れていますので、お気軽にご連絡下さい。
循環器内科医師への直通電話があります(03-3775-3184)。お気軽にご利用下さい。
急ぐ必要のない患者さんは循環器内科外来へご紹介頂ければと思います。月曜日~金曜日まで9時00分~16時00分まで初診外来を設けております。初診の患者さんのみに対応する医師を設けておりますので、さほどお待たせすることなく診療できると思います。同日中に心電図や胸部レントゲン、血液検査や心エコー図検査までは行いご説明することが可能です。
たくさんの患者さんを積極的に診療し、この地域の医療に少しでも貢献できればと考えております。引き続きよろしくお願い致します。

学会・研究・書籍等 実績(2021年度)

論文発表

発表者 論文 掲載誌
Abe K, Uchida K, Sugano T, Ishigami T, Ishikawa T : Subclavian artery pseudoaneurysm in vascular Behcet's disease repaired using endovascular treatment: A case report of the clinical course over 10 years. Journal of Cardiology Cases 2021; 24: 1-5.
Abe K, Hasegawa F, Nakajima R, Fukui H, Shimada M, Miyazaki T, Doi H, Endo G, Kanbara K, Mochida Y, Okuda J, Maeda N, Isoshima A, Tamura K, Ishigami T Severity by National Institute of Health Stroke Scale Score and Clinical Features of Stroke Patients with Patent Foramen Ovale Stroke and Atrial Fibrillation. J Clin Med 2021;10:332.
Abe K, Kusano T, Nakajima N, Sogame K, Fukui H, Shimada M, Doi H, Endo G, Kanbara K, Ishigami T, Tamura K, Okuda J Acute ST-segment Elevation Myocardial Infarction in Kommerell`s Diverticulum with a Right-sided Aortic Arch: A Case Report. Journal of Coronary Artery Disease 2021;27: 58-62.
Abe K, Kusano T, Sogame K, Fukui H, Shimada M, Kawashima C, Endo G, Okuda J Diagnosis and Evaluation of Patient Foramen Ovale in the Era of Device Therapy A Mini Review. Journal of Clinical Reserch 2021;6: 1.

学会発表

発表者名 演題名 学会名等(場所) 年月
草野雄己、渡邊嘉之、田鎖治、坂本穆彦、福井英俊、奥田純 感染性心内膜炎との鑑別に難渋した大動脈弁に多発する乳頭状線維弾性腫の一例 第259回日本循環器学会関東甲信越地方会、WEB 2021.2
中島良太、十亀洸基、福井英俊、島田 基、古賀伸太郎、土肥宏志、安部開人、遠藤悟郎、 神原かおり、奥田 純、渡邉嘉之、田鎖 治 繰り返すステント内狭窄に金属(クロム)アレルギーの関与が示唆された一例 第57回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会, Web 2021.5
草野 雄己、十亀 洸基、福井 英俊、島田 基、川島 千佳、安部 開人、遠藤 悟郎、 神原 かおり、奥田 純 多枝病変に対して待機的PCI施行中にST上昇型心筋梗塞を来たした一例 第58回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会, Web 2021.10

検査・治療件数(2021年度)

検査・治療件数 件数
急性心筋梗塞 103件
心臓カテーテル(PCI含む) 779件
冠動脈インターベンション(PCI) 221件
下肢動脈インターベンション (PTA) 34件
永久ペースメーカー植え込み術 16件
心筋カテーテルアブレーション術 3件
経皮的人工心肺 (PCPS) 4件
大動脈内バルーンパンピング (IABP) 6件
冠動脈マルチスライスCT 301件
心筋シンチグラフィー 56件
心臓MRI 11件

外来日程表

事前予約サービス

スタッフ紹介

  1. ホーム
  2.  >  診療科・部門
  3.  >  循環器内科